リフォーム産業フェア2017に参加しました

7月11日 7月12日の両日にリフォーム産業フェア2017に天然素材のウッドタイルを持って参戦してきました。

今回は、株式会社大仙様とのコラボで6ブース(6m×9m)の大きいブースを使って、展示してきました!!

REFORM+DIY=WOODTILE is NEW STYLE というコンセプトで新しい家造りの考え方をお伝えできたのかなと思います。ウッドタイルは天然材で体に優しく、環境にも優しい素材です。無垢材には、調湿効果、吸音効果などがあり、また有害物質の吸収効果も期待できるため、アレルギーに敏感なお子様がいる家庭では、とてもオススメのインテリア材となります。

今回の参加した、コンセプトの一つが、お客様との「参加型リフォーム」です。施工店さんに壁を起こしてもらって、インテリアはお客様が仕上げるスタイル。そのためには、一般のお客様でも簡単に、プロが作ったように仕上がる壁材を作る必要が有りました。

そこで、考えられたのが、このウッドタイル。弊社のウッドタイルには、横溝がほってあり、まっすぐに横溝同士をはめ込んでいき、ハンドタッカーで留めるだけで、まっすぐ、きれいに木のタイルが貼れるという仕組みです。また、凹凸のあるデザインも、施工方法は同じで、ただ横溝にウッドタイルをはめていくだけ!

もちろんプロに頼んでも良いですが、自分で作ることによって、さらに家に対しての興味、愛着が湧き、リノベーションに興味を持ってもらおうという考えのもと、今回の出展につながりました。

木のタイルなので、アレンジも様々です。水性のニスを塗ったり、上の写真左側の用に、デコパージュ液という特殊な液を使って、柄の入った紙や布を貼ったりしてワンポイントきれいな柄を入れたりできます。

是非自分だけのステキな部屋を完成させてみて下さいね(^o^)

Share this Post!

0 Comment